ホームページ
Choose the English version Wählen Sie die deutsche Sprachversion Sélectionnez votre langue! New HEAD acoustics Italy subsidiary New HEAD acoustics Korea subsidiary Choose the Chinese version
  製品&ソリューション     NVH     製品 - 概要    データ収集と解析ソフトウェア   
  ArtemiS suite - フィーチャー
ArtemiS SUITE - フィーチャー
コンセプト
音振動解析のためのパワフルなソフトウェア・ソリューション(データ収集、解析、再生、レポート出力、データ管理)
業務内容に合わせて個々に画面構成をカスタマイズ可能なモジュラー構造
分析
豊富な分析オプションで多チャンネルの音および振動データを効率的に処理
FFT、1/3オクターブ、次数比分析などの通常の分析の他に、ラウドネス、シャープネスなどの心理音響分析、その他様々な分析を利用可能
 
Mark Analyzerでは様々なプレイバックフィルタが利用可能です。フィルタの効果は瞬時に再生して確認することができ、フィルタのパラメータを変更すると再生音に直接反映されます。
ArtemiS suiteスクリーン・ショットのピクチャー・ギャラリー 詳細ビューはこちらをクリック。
知覚ベースの分析用に、Relative Approach、Weighted Modulation Spectrum、Hearing Modelなどの高度かつ最新の心理音響分析ツールを使用可能
Sottekの聴覚モデルに基づくラフネスとトナリティ分析を利用可能
アドインによってユーザー独自の分析やフィルタをArtemiSsuiteに統合可能
表示
Data Viewerは分析結果を分かりやすくグラフ表示し、PowerPointに簡単にエクスポートが可能
簡単かつ充実したレポート作成機能、結果はPPTXやPDF形式でエクスポート可能
レポート内に分析結果、テキスト、画像、諸元情報などをユーザー固有のフォーマットでまとめることが可能
2Dグラフ、3Dグラフ、XYグラフ、棒グラフ、カラーバンドグラフによってデータを可視化
Mark Analyzerでは録音データの分析と試聴の同時実施が可能。ユーザーの聴覚を評価プロセスに統合
不快なノイズ成分の検出や音質を簡単に最適化するために利用可能なMark Analyzerのリアルタイムフィルター機能
プロジェクト
Pool Project: パワフルなフィルタ、分析、統計機能により、複雑なタスクであってもセットアップや操作習得に時間をかけず実施可能
Compact Analysis Project: 素早いデータ表示と分析が可能な、シンプル化された操作ツール。時折しか使用しないユーザーや高度なツールボックスを必要としないユーザーに最適
Automation Project: 測定と分析タスクの自動化を実現。ワンクリックでレポートを含む分析結果を出力
Standardized Test Project: ユーザー任意のテスト手順を定義し、それに従って測定と分析のテストシーケンスを実施。全ての測定結果は予め設定した通りに処理され、1つのレポート(PPTXまたはPDFエクスポート)で結果を表示
Calculation Project: 複数の測定データ、分析結果、チャンネルに対する統計演算処理
Sound Engineering Project: 不快なノイズ成分を特定するために、FIR、IIRフィルタや、解析結果のグラフに対して画像処理ソフトウェアのようなインタラクティブ操作で音を加工。ノイズ成分や次数成分は除去または合成することが可能
Metric Project: リスニングテストの結果に基づいて、分析結果から適切なノイズメトリクスを作成。被験者による知覚評価を評価ツールにつくり込むことが可能
再生
labP2を用いた聴感的に正確な再生
様々な再生オプション。Mark Analyzerでは試聴と分析を同時に実施可能。また、スポット再生機能を用いてグラフ内の任意の時間周波数範囲の音成分のみを聴取可能
SQoboldとウェブカメラで録画した動画をオーディオ再生と同期して表示
GPSデータを収集した場合、再生中に現在位置と走行軌跡をマップ上に表示
データ収集
Impact Measurement: ME’scopeVES™でモーダル解析を行うためのガイド形式のハンマリング試験ツール
HEAD Recorder
その他のツール
素早く簡単にファイルにアクセスするためのHEAD Navigator
HDF-Tools: 複数のHDFファイルの連結や統合、またチャンネル情報(名前、単位、センサー感度)を測定後でも遡及的に変更することが可能
User Documentation: 測定データにユーザー定義の諸元情報を書き込むことが可能。書き込んだ情報はレポートに表示
Database機能によってファイルを素早く検索
Tolerance Scheme(ユーザー定義の許容値範囲)を適用し、測定結果が範囲内にあるかどうかをテストすることが可能
豊富なインポート・エクスポートオプション
CAN、OBD、FlexRay、Pulse、GPSデータの処理
ニュースレターの配信ご希望の方はご登録ください!
 
 
ドイツ本社からの英語版のニュースレターも購読する。
ニュースレターの受信を希望します。マーケティング効果の分析、データロギング、およびお客様がこの同意を撤回する権利の詳細については当社のデータプライバシーポリシーをご参照ください。いつでもこの同意が撤回可能であることを理解しました(配信停止方法に関する情報は、すべての電子メールに含まれています)。
   
 
ヘッドアコースティクスジャパン株式会社

〒240-0005
神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134
横浜ビジネスパーク ウエストタワー8F

Email: info@head-acoustics.co.jp
各地域のコンタクト先を探す



© 2021 HEAD acoustics GmbH. All rights reserved.
情報ダウンロード
アクセス制限のあるダウンロード
マルチメディア
サードパーティライセンス